クチコミ:公共交通機関はあてにしない方がいいです

    総合的評価: 4

    三重県南部にある熊野市および御浜町で3年間働いていました。
    公立学校の教師でしたが、学校名は秘匿させてください。

    場所的には三重県と和歌山県の県境になります。
    現在世界遺産になっている【熊野古道】とは少し場所が違っていますが、ほぼ同じエリアであることには違いありません。
    ですのでイメージ的には自然の宝庫と捉えてもらっても構わないと思います。熊野といっても海側・山側に分かれていますが私が住んでいたのは伊勢湾・熊野灘に面した町でした。

    特筆すべきは食べ物のおいしさです。なにしろ目の前が海ですので、市内の飲食店では安くておいしい魚をたらふく食べることが出来ました。値段も安かったです。
    漁師町という事もあり、住民の方々は暖かい気持ちを持った素朴な人が多かったという印象です。

    難点は交通の便の悪さです。確かにJRも三重交通というバスもとおっていますが、本数が限られていますので自由に動き回ろうとすれば自動車は必需品だと思います。

    それとこの地域は高校が少なく、山間部の生徒自分の住んでいる場所によっては自宅からは高校へ通学できない可能性があります。同じ熊野市に住んでいても、市内の高校への通学で出来ないケースがあるのです。
    そのために高校ではは寮を完備しているところもありました。


    交通利便性: 2


    周辺利便性: 2


    買い物娯楽: 2


    周辺住環境: 5


    治安・安全: 4

    2013/03/27 17:32:06

    by 大福あんこ


    言及ワード:

    記事に返信する熊野市に戻る

この記事についての意見・返信を書く

(この記事に関する返信や補足意見などではない場合、新規トピックを立てましょう。)

名 前  :
タイトル :

(現在 0 文字)