南部は日高郡に属する駅です。同じ県の他エリアはこちら

地域の情報

  • 治安 住環境 周辺利便性 交通利便性 買い物・娯楽 

    お役立ちリンク集

    南部のwikipedia 日高郡のwikipedia GoogleMAP Yahoo!地図 Mapion マイホーム購入
  • 地域の施設・スポット

  • 美容室/ヘアサロン 飲食店

    出前・宅配

  • セブンミール(セブンイレブン) バイトクチコミを投稿 地域クチコミを投稿
  • 同じ路線(紀勢本線)に住んだことがある方のクチコミ

    田舎( 御坊駅 )

    典型的な関西の田舎です。 頑張れば大阪市内に通えますが現実的ではありません。…(続き)

    総合評価:2
    交通:3 周辺:3 買物:3 環境:3 治安:3

    綺麗なアパートがたくさん!住みやすいです。(植野 )

    有田川町の藤並駅周辺は新しいアパートがたくさんできてきています。一人暮らしはもちろん、家族で暮らせるも広さのもたいさん選択肢はあると思います。 藤並駅は沢山の学生さんも利用していて、学生さんは自転車を駅に置き利用しているのを見かけますので、自転車を置いておけるということは治安も良いと思います。車で…(続き)

    総合評価:3
    交通:4 周辺:3 買物:2 環境:4 治安:4

    自然豊かな街(湊 紀伊田辺駅 )

    周辺の地域に比べて日々の生活は十分満足するくらい、スーパーマーケットや商店、外食をする為のお店、金融機関、医療施設などが密集しています。特に駅周辺は飲食店が密集しているので、とりあえず駅に集合すれば美味しい物が食べられます。世界遺産に登録された場所もたくさんあるので、色々と散策するのも楽しいですよ。…(続き)

    総合評価:5
    交通:3 周辺:5 買物:4 環境:5 治安:5

    同じ路線(紀勢本線)に働いた方の口コミ

    口コミ:和歌山市第二の駅だけあって便利( 和歌山市駅 )

    和歌山市内だと、JR和歌山駅についで2番目に大きくて便利な駅、それが南海本線の和歌山市駅です。 移動面では南海本線で大阪の岬町や阪南等の海岸線に沿って大阪の難波まで移動できます。和歌山市内では加太線で和歌山北西部への移動と、JR和歌山駅への移動ができるようになってます。 和歌山市って紀ノ川をはさ…(続き)

    総合評価:3
    交通:4 周辺:4 買物:4 環境:4 治安:4

    口コミ:通勤ラッシュがすごい( 和歌山市駅 )

    30分おきにサザンや急行の電車がくるので、前後の駆け込みのお客さんが多い。暇なときと忙しいときの差がはっきりしています。
    スポーツ新聞やタバコが多く売れ、朝と夕方は、サラリーマンが多いです。店舗で売っているお土産も観光の方には売れました。
    夏は海へ行くサーファーのお客さんが見られました…(続き)

    総合評価:3
    交通:4 周辺:4 買物:2 環境:3 治安:4

    口コミ:公共交通機関はあてにしない方がいいです( JR紀勢本線熊野市駅 )

    三重県南部にある熊野市および御浜町で3年間働いていました。
    公立学校の教師でしたが、学校名は秘匿させてください。

    場所的には三重県と和歌山県の県境になります。
    現在世界遺産になっている【熊野古道】とは少し場所が違っていますが、ほぼ同じエリアであることには違いありません。
    ですのでイメージ的には自然の宝庫と捉えてもらっても構わないと思います。熊野といっても海側・山側に分かれていますが私が住んでいたのは伊勢湾・熊野灘に面した町で…(続き)

    総合評価:4
    交通:2 周辺:2 買物:2 環境:5 治安:4

    地域でバイトした方の口コミ

    バイト体験談:主婦でも働きやすいお店が多い( 紀伊田辺駅 )

    コーヒーやランチを提供する飲食店複数でアルバイトをしておりました。ほとんどが古くからあるお店なので、お客様は常連、またはお仕事でたまたま立ち寄られた方がメインです。 大体どのお店でもお仕事の内容は給仕とレジ、簡単な清掃なので、難しい作業を言われるということはまずありません。 メニューを覚えなけれ…(続き)

    総合評価:3

    バイト体験談:やりがいのあるアルバイト( 白浜駅 )

    テーマパーク内のレストランで夏休みや冬休みなどの長い休みのときにアルバイトしていました。 レストランはセルフサービス式で、お客さんが自分が食べたい物の受付に言って、自分の食べたい物を私たち店員に伝えてそれをその場で作って出す。という仕事をしていました。作ると言っても、もう出来上がってるものをお皿へ…(続き)

    総合評価:4

    続きを見る